韓国留学で행복하자

漢陽大学語学堂と延世大学語学堂に通う2人の話。暇つぶしに読んでくださると喜びます。

スポンサーリンク

延世語学堂の2級の授業が始まった感想

スポンサーリンク

スポンサーリンク
 

 

あんにょんはせよ。こにたんです。

最近忙しくブログの更新がなかなかできない毎日です(´;ω;`)

 

今日は2級の授業が始まってみて1週間ぐらいが経過したので、軽く1級との違いや感想などを書きます。

 

 

 

基本的な授業時間は変わりません。

テキストも基本的に揃えるものは変わらないのですが、2級からは単語帳がありません😱😱

 

 

単語帳、かなり重宝していたのに、今回から無いなんて私にはかなりきつい。笑

 

単語帳が無いので、教科書で新しく習った単語や知らない単語は自分で何かにまとめて勉強をしないといけないんです😩

さらに1級のときは毎日4時間目に単語テストがあったので、嫌でも勉強していましたが、

今回からはテストがないので、勉強もしたりしなかったりと…何かダラけてしまってます(笑)

 

 

先生は1級のときには

3時間の읽기の時間のみ先生が違いましたが、

いまは1.2時間目、3.4時間目で先生が違います。(1.2時間目の先生が主の先生みたいです)

 

 

1.2時間目は教科書の文法を主に勉強し、3時間目に읽기(読解)の授業、4時間目は文法をやったりもしますが、主にテーマについて皆の前で発表したりなど交流し、言葉を発する機会がすこし増えました。

 

来週には韓国料理をつくる授業もあったりします( ^ω^ )

 

 

授業の雰囲気や難しさは、

2級に上がった瞬間、先生は容赦なくべらべら韓国語を話すし、知らない単語や文法使って質問してくるしで、わたしは理解するのがやっとです(;ω;)

 

でも、わたしのクラスの子はみんなできる子ばかりで、ちゃんと理解もできている感じで、ついていけるかが不安になっています(笑)

 

また2級からあらたに語学堂に入学してきた子の語彙力の高さに唖然としている毎日です( ゚□゚)

 

教科書の文章量も格段に増え、はじめて開いたときは1級との違いにびっくりしました😅

 

 

宿題については、毎日提出するのが基本なのは変わりませんが、1級の頃のように事細かく指定はされません。

 

 

習った単語、文法で例文を作ったり教科書を模写したり、やり方は色々で

自分の好きなように自分に習ったことが身に付くように勉強しなさいっていう感じです。

※すこし困る

 

 

通常授業以外にも、希望者は発音クラスというものにも参加できます。

わたしは発音がかなり自信がないので受講開始しました。

対象は2級以上の人らしいですが、発音を強化したいという学生は無料で受講できます。(教科書代は5000ウォンかかります)

毎週月、火の14:00~14:50の50分間です。

日本人クラスと英語圏クラスにわかれて授業をするので、クラスには日本人しかいません。

 

 

総合的な感想は1級より大変ってことと、予習もちゃんとしないと授業ついていけないなということですね😅(1級の頃は予習したことなかったですw)

 

 

 

まわりについていけない不安はありますが、自分は自分、他人は他人なので私のペースでコツコツ勉強できればなと思います。

 

 

以上こにたんでした!