韓国留学で행복하자

漢陽大学語学堂と延世大学語学堂に通う2人の話。暇つぶしに読んでくださると喜びます。

スポンサーリンク

延世大学語学堂レベル分けテスト

スポンサーリンク

スポンサーリンク
 

 

あんにょんはせよ。こにたんです(^3^)/

 

今日は延世大学国語学堂のレベル分けテストについて書いていきます!✌

 


f:id:cnudeul0603:20180722162515j:image

 

語学堂に入学が決まるとどの学校もおそらく授業が始まる前にレベル分けテストというものがあります!

 

自分の韓国語の能力に応じたクラスで適切な授業を受けるたの、要はクラス分けのテストです👏

 

延世は6/5にテストがありました。(授業は11日から)

今年度の夏学期に入学した多国籍の学生たちが大講堂に集められ、まずは皆でテストのオリエンテーションを受けました。

その後一人ずつ部屋番号の書いてある紙を渡され、そこでテストを受けます。

 

韓国語がまったく出来ない人はテストを受けないこともできるようで、そーいう人たちは大講堂に残るよう指示がありました。

 

 

こにたんも韓国語ほぼわからないけど、テストは記念に受けてみようと思い受けました~!👍

 

 

テストは쓰기(筆記テスト)と말아기(会話テスト)がありました。

 

筆記テストは最初の4問くらいでほぼ撃沈👻

100問以上問題あった気がするけど途中で放棄しました。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。

 

会話テストは筆記テストの途中で別の部屋に一人ずつ呼ばれ韓国人の先生と会話します。

部屋に入るとすぐに、先生が私を評価する用紙に名前と生年月日を書くように言われました。

 

質問された内容は…

  • 名前
  • 生年月日
  • どこから来たのか
  • いつ韓国に来たのか
  • なぜ韓国留学をしようと思ったのか
  • これはなんですか?
  • これはどこにありますか?

 

などが記憶にあるかな……

 

その人の韓国語の能力をそのときに先生が判断して質問内容を考えている感じでした。

 

 

わたしたの前の学生は15分くらい話していたけど、わたしは10分かからなかったくらいでした(笑)

 

 

レベルテストの結果は6/8に発表され、わたしは1級の真ん中くらいのレベルになりました。

同時にクラスも発表されましたが

日本人が多かったため少しガッカリしました😫

(安心はしました)

 

 

 

以上こにたんでした。